50歳からの日記

これからの生き方を模索中 日々の事を綴っています

ショートステイを訪問して思った事

仕事の関係で今日はとあるショートステイの

施設に行きました

 

私の周りにはまだ介護が必要な人がいないので

こういった施設に行くのは初めてです

 

食堂には高齢の方々20人くらい

女性のグループ、男性のグループに分かれて

皆さん車椅子にのって、テレビを見ておられる

方、折り紙を折っている方、寝ておられる方

それぞれ自由にされていました

要介護3以上の方々と聞きました

 

今、私は元気ですが、ここにいる方達は私の

未来の姿なのかもと思って見ていました

老いの現実を見させていただきました

 

昨晩大きな地震がありましたね

被害が少ない事を祈るばかりです

 

地震などがあるとどうしても自分たちの

事ばかり考えてしまいがちですが

それは当り前で仕方のない事ですが

 

ふと、ここで地震があった場合この高齢者の

方々はどうやって避難するのだろうと思いま

した

 

このショートステイは少し高台に

ありましたけど、

津波が来た時は大丈夫なのかしらと

心配になりました

 

自分で逃げる事は出来ませんから絶対に

介助が必要です

スタッフさんは介護者3人に1人くらい?

どうみても人が足りないんじゃないかなと

 

ですがいつ来るかわからない地震だけの為に

スタッフさんを増やすことなんて

出来ないですものね

これはショートステイに限らずですけど

 

近々南海トラフが起きる言われています

混乱時でも2次災害3次災害を生まないような

迅速に、絶対に、全員救助できるシステムが

出来たら心強いだろうなと思います

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村