50歳からの日記

これからの生き方を模索中 日々の事を綴っています

モチベーションを維持するための大きな代償

我が家は築27年の中古マンションに住んでいます。

3年前に購入しました

もちろんフルローンです

 

離婚して一度は実家に戻りましたが、私の母親

と子供の関係が良くなくて、子供にとっては

おばあちゃんですね

当時は早く実家を出るために賃貸物件を色々

探していましたので、

頭の中には買うという選択肢はその時は全く

なかったのですが、

ある日ネットで今の物件に目が止まりまして

一気に買う方向へと頭が傾いたのです。

 

とりあえずはオープンハウスに行き見学をさせ

て貰いました

オープンハウスはインテリアコーディネーター

の方のセンスが物を言いますよね、

色使いから家具の配置からさすがプロはセンス

が違うよねと関心しながら部屋を見て回りました。

 

外観は古さを感じるものの、内観はリノベーシ

ョン済みで新しい設備が全てついてる新築その

ものでしたし、周りには小学校、中学校もあっ

て子供には良い環境だと思い、そのまま速攻で

申込みをしたのです。

 

ですが、私もまだ勤続3年しか経っていなかっ

たのと、やはり1番は年収ですよね

ローンの審査も通るものかどうか、ギリギリか

なとの思いでした。

 

そこから銀行とのやり取りが始まります。

まずは指定された書類を全て提出し、そこから

担当者からの聴き取りなどで銀行には何度も何

度も通わないといけなかったです 

 

担当してくれたのは同じ年代の女性の課長さん

でしたが、この方のお陰で無事に審査が通った

と今でも思っています。

 

不動産会社の担当者からは現金で購入される方

が現れたらその方に決まりますと言われてて、

審査が通るまではドキドキでした。

 

反面もし通らなかったら縁がなかったのだと今

はまだその時ではないのだと思うようにしてい

ました。

 

融資実行の日は銀行内の応接室に司法書士の先

生から不動産会社の担当者から銀行の担当者、

その銀行の支店長さん大勢の方に囲まれて、私

は小さく座っているだけでした。

通帳にドカンと融資額が振り込まれても一瞬で

あちこちに振込されていきます。

全て記帳されるので伝票も何枚も書かされて大

変でした

 

そんなこんなでやっと手に入れた私のお城です

が、

子供の為と言いながら結局は1人で子供を育て

ていく為の自分のモチベーションを維持するた

めに買ったのだと思っています。

 

ローン完済はまだまだ先ですので自分の物にな

るのもまだまだ先。

住宅ローンは借金なので、肩にかかっている責

任が重くて重くて。

 

家賃を払っていると思うようにしていますが、

それでもたまに押しつぶれされそうになる時

があります

 

払えなくなったら賃貸に出せばいいと思う時も

ありますが、子供の為の”実家”というものを残

しておいてあげたい気持ちもあるのです

この気持ちは子供が出て行ったら変わってくる

のかもしれませんけど

 

モチベーションを維持するための先行投資は

精神的には大きな負担となりました

 

これで良かったのだと思わないとやっていけな

いし、頼れる人は誰もいないから

GOOD JOB!

と自分で自分を褒めて褒めて褒めまくっています

 

 


にほんブログ村