50歳からの日記

これからの生き方を模索中 日々の事を綴っています

声の大きい人は難聴気味?

元々そんなに大きな声で話す方ではなかったのですが

(腹から声出せといわれるくらい)

最近外出先で”声が大きいよ”とよく子供に注意されるようになりました。

まあ確かにここ最近自分でも話す声が大きくなったような気が

 していましたから、やはりそうだったみたい・・・とほほ

 それで少し調べてみました

 

 

聴力が落ちると自分の声が聞こえにくくなるから

声が大きくなる、と聞いたことがあったからもしかしてとは

思っていたのよ。

自分の聴力なんて普段どうなってるのかなんて気にして

ないものね。

案外会社でもうるさいばばあと思われてしまってるかもね(^_^;)

 可聴周波数とは

 耳に聞こえる音波のこと

 人間の聞こえる音波は20Hz~20000Hz

 周波数の高い音は年齢と共に低下して聞こえにくくなる

 ちなみに動物では猫は25Hz~75000Hz、犬は40Hz~65000Hz

 さすが動物の聴力はすごいですね

年代別可聴周波数

 全員が聞こえるレベル 9000Hz

 60代までのレベル  10000Hz 

 50代までのレベル  12000Hz

 40代までのレベル  14000Hz

 30代までのレベル  15000Hz

 20代までのレベル  16000Hz

 最後にモスキート音 18000Hz

 キーンという結構不快な音です。

 

耳の状態を確認されてはいかがでしょうか?

調べればネット上にありますよー

私はかろうじて50代までのレベルまで聞こえました

40代なんてもう聞こえへんわ。

聴力の老化もわかってはいますけど、まだまだ自分は大丈夫!

なんて思っていたら、いえいえ年齢に応じてましたよ

老人性難聴は認知症のリスクもあるみたいなので

気をつけて生きたいです。

 

私が一番恐れているのは認知症だもの

健康で長生きしたいものね