50歳からの日記

これからの生き方を模索中 日々の事を綴っています

人生の新しい道を切り開こうとしている彼女に感服

私と同じシングルマザーの方からの久しぶりの

LINEで本当に色々と考えさせられる事がありま

した

 

LINEの彼女は現在大学生の子供がいるの

彼女は実家で子供と共に暮らしてきたけど、

子供は彼女の元を離れて今は東京の大学に進学

して一人暮らしをしているのね

 

私にとって彼女は歳下だけどシングルマザーの

先輩であってずっと彼女をみてきたわけ

大学費用と仕送りの為に昼夜問わず仕事をして

いる所なんかもね

 

その彼女が来年の春に子供と一緒に暮らす為、

現在の仕事もWワークのバイトも辞めて東京に

行く事に決めたと連絡があったのよ

 

実家にいる彼女は家賃はもちろん水道光熱費も

食費さえも払ってない状況なのに、長年勤めて

きた会社も安定した収入もそれらを全部捨てて

ままで子供との生活を選んだのよね

 

彼女いわく"子供の為に働いてるいるのだけれど

滅多に会えないのが耐えられない、

お金だけの為よりいつも一緒にいて昼夜働く方

がいい"と。

子供と一緒の方がどんな苦労も我慢できると。

 

彼女もまた母親との関係があまり良くないと言

っていたけど、これまでは子供の為と我慢して

きたらしい

そんな事もあって決めたのだろうけど

 

近くで頑張っている姿は何よりも私に勇気を

くれていたし、ずっと実家にいるのだろうと

思っていたからこの決断には本当に驚いたのよ

 

この先どうなるかなんて誰にもわからない

そうね、そうだよね

もうよかったとか悪かったとかなんていう次元

の話ではないのよね

幸せの基準は人それぞれだもの

 

もちろん本人が決めた事だから私は応援はして

いこうと思うのだけれど...

 

このLINEがあってから私は色んな事を考えてる

子供の為にと思って買ったマンションは

本当に必要なものだったのだろうか?

この家にたった1人でこれから住むの?

子供が出て行ったら私も案外追いかけて一緒に

住みたくなるのかな? 

 

もちろん彼女だってこの先子供が結婚して自分

の元を離れていく事だって考えての事だろうし

 

私はこれまで彼女をみてきたからこそ離れてて

も子供の為に頑張ろうと思ってきたのだけれ

ど、その根本的な考えを覆させてくれた

 

もちろん彼女のマネをする訳ではないし

別に彼女と苦労を共有したい訳ではないのよ

 

彼女は全てを捨てて新しい道を行く

まさにこれから新しい人生を切り開こうとして

いる、その姿にその潔さにその度胸にその勇気

に参ってしまったのだと思う

 

12月に忘年会をやろうという事になったから

その時は彼女を称える言葉をかけてあげたい

と思っています。

 


にほんブログ村